相続財産の調査

相続財産の調査とは、被相続人が所有していた財産を調査することです。主な相続財産は、銀行などの預貯金や手元にあった現金、不動産などでしょう。

被相続人が生前に遺言書や目録等で財産を明記していれば問題はありませんが、ない場合には、相続人は一から調査しなければなりません。

では、どのようにして相続財産を調査するのでしょうか。相続財産については、下記にてご確認ください。
 

相続財産とは? 相続財産には、プラスとマイナスの財産があります。
詳しくはこちら。→ 相続財産
みなし相続財産とは? 被相続人の財産ではないにもかかわらず相続税の課税対象になる財産のこと。
詳しくはこちら→みなし相続財産
遺言書に記載の無い財産がある場合は? 自分で調べてもわからない場合には、専門家に調査を依頼しましょう。 
相続財産にどんな物があるか分からない場合は? 金融資産や不動産があるか分からない場合、相続に詳しい行政書士・司法書士または弁護士が財産調査の対応ができます。
※一部調査が困難な財産もあります。
一部の相続人は財産を知っているがそれを開示してくれない場合 ①相続人であれば戸籍謄本を集めて、私たちのような相続専門事務所に依頼して調べる事が出来ます。
②弁護士に依頼して開示を請求することもできます※争いに発展しているような場合 

 

相続手続きの流れと各種手続きについて kotira.button

相続手続き その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す