遺言による名義変更

遺言書に基づく預貯金の名義変更

①遺言書
②被相続人の死亡の記載がある戸籍
③遺言によって財産をもらう人の印鑑証明書
④被相続人の預金通帳

一般的には、上記のような書類が必要ですが、金融機関によって用意する書類が異なる場合もあるで、 直接該当の金融機関にお問い合わせ下さい。

遺言書に基づく不動産の名義変更

遺言書による登記が、受遺者が相続人である場合、相続人単独で登記申請をすることができます。つまり、もらう人は自分で名義変更を進めることが出来ます。

これに対して、遺言書による登記が「遺贈登記」にあたる場合は、登記権利者(不動産をもらう人)と相続人もしくは遺言執行者が共同して申請をすることになります。この場合は、相続人全員の協力が無ければ不動産の名義変更を進めることが出来ないので、トラブルになる恐れがあります。

相続手続き その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す