相続手続きを代理人に依頼したい

多額の財産の遺産相続である場合、相続人間で相続手続きを進めずに、相続手続きを代理で進めることのできる法律家に依頼したいというご相談がよくあります。法律家に相続手続きを依頼する場合、メリットもありますが、デメリットもあります。

ここでは、メリットだけではなく、デメリットもご説明させていただき、きちんとご検討いただいた上でのご依頼をお勧めいたします。 
 

代理人に相続手続きを依頼する場合のメリットとデメリット 

弁護士の先生へ代理人として依頼する

弁護士は特定の人の代理人になれる唯一の法律家です。

弁護士以外のものは、遺産分割の交渉や調停などで相続人の代理人となる事は出来ません。

弁護士は、絶対的に依頼者の味方という立場ですので、争いあっている相続人全員が、同一の弁護士に依頼することはできません。利害関係である、両者の代理人になるのは法律で禁止されています。

また、弁護士報酬が高いというイメージがあるのではないでしょうか。

弁護士の旧報酬規程では、経済的利益300万円以下は16%、300万~3000万以下は10%、3000万~3億円以下は6%となっていますから、遺産分割において争いのある相続財産のうち5000万円を経済的利益として獲得した場合、弁護士の先生にお支払いする報酬は438万円となります。この半額が着手金となりますので、合計では657万円となります。

※現在は、報酬の自由化により報酬規程は撤廃されておりますので、弁護士報酬については個別の弁護士の先生に確認をお願いします。

 

司法書士に代理人の依頼する場合

司法書士に相続手続きを依頼する場合には、司法書士に相続財産の管理人になってもらいます。相続人の一部または全員から相続手続きの業務を依頼することができます。ただし、相続人同士の争いなどに発展している場合などは、上記でご説明したように弁護士の対応案件となりますので、ご注意ください。

司法書士に代理人を依頼するというのは、相続手続き業務を代理で行ってもらうなど、あくまで公平中立な代理人を依頼するという形になります。

司法書士の報酬ですが、おおよそ財産の1%を目安としている場合が多いようです。
このため、相続手続きが進まない、代理で手続きをしてほしい、第三者に入ってもらい相続人と手続きを進めたいという方には、安い報酬額で遺産相続が解決するという見方ではメリットな部分ではないかと思います。

まずはお気軽にご相談ください。

相続手続き その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す