調停・審判による名義変更

調停に基づく場合

家庭裁判所の調停を通じた話し合いによって合意に至った場合、裁判所書記官がその内容を調書に記載します。成立した調停調書は確定した審判と同一の効力を持ち、 これを各機関に提出し、手続きを進めることになります。

金融機関に提出する書類は下記のようなものになります。

①家庭裁判所の調停調書謄本、または審判書謄本 ※いずれも家庭裁判所で発行可能
②貯金を相続した人の戸籍謄本と印鑑証明書
③被相続人の預金通帳と届出印

その他、金融機関によって用意する書類が異なる場合もあります。直接、各金融機関にお問い合わせ下さい。

 

審判に基づく名義変更

審判は非公開で行なわれますが、調停を通じて得られた情報や裁判官の職権による証拠尋問、 証拠調べを通じて、相続人や相続財産の確定を行ない、それぞれの相続分に応じた分割方法の決定を下します。これが審判書になります。

この家庭裁判所で下された審判書には、強制力があるため、相続人同士での合意ができない場合も、この審判書に従う形で手続きを進めることができます。

審判書は大半のケースが各相続人それぞれの法定相続分で審判が下されます。 つまり、法定相続分を勝ち取りたい方は、調停が不調に終わり、審判の申立てを行って審判書を勝ち取れば、目的が実現できる可能性が高くなります。 

反対に、家庭裁判所の審判に不服がある場合、審判書を受け取った日から2週間以内に即時抗告を高等裁判所へ行なうことができます。即時抗告をしなければ、審判書の強制力によって相続分が確定してしまいます。

 

 

相続手続き 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩1分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す