限定承認とは

限定承認とは、「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務を弁済すべきことを留保して」相続の承認をすることをいいます。簡単にいえば、プラスの範囲内でマイナスの財産を相続するということです。

限定承認をするとまず、相続財産から、被相続人の債権者に対して負債の弁済が行われます。そして、弁済してもプラスの財産が残っていれば、それを相続人が承継することになります。

相続財産が債務超過であるかは、精算してみなければ分からない場合があり、一切相続をしないと相続放棄するよりも利益が出ることもあります。

なお、3ヶ月過ぎてしまった場合でも、条件によっては相続放棄できる場合があります。

 

限定承認の具体的な事例

ⅰ.債務超過であることが分かっている場合

  • 自宅(被相続人持分3分の1、評価額200万円)
  • 借金3000万円

債務超過であることは明白でありますが、相続人が現在もなお被相続人の持ち分が入った自宅で生活をしている場合など、相続したい財産がある場合ですと、限定承認は有効な手続きとなります。相続人が不動産持分を優先的に買い戻すことにより、被相続人名義の持ち分を相続することができます。

 

ⅱ.負債がどのくらいあるのかわからないので、司法を使って明確にした上で、プラスの財産を相続したい。

  • 預貯金500万円
  • 借金の額は不明

→自分が相続人であることを知ってから3か月以内に負債の調査を行い、負債はないということが判明したとしても、被相続人とは疎遠であったため生活状況が分からない場合には、限定承認は非常に有効な手続きとなります。負債調査でも判明しなかった債権者が後から現れたとしても、相続した財産の範囲で弁済を行えば良いこととなります。

 

ⅲ.プラスの財産とマイナスの財産が拮抗しており、どちらが多いのかわからない場合

  • 預貯金500万円
  • 借金500万円

→財産調査や負債調査を行った結果、プラスの財産もマイナスの財産もほぼ同じであるが、負債調査でも判明しなかった債権者が後から現れた場合でも、預貯金500万円を限度として返済をすれば良いことになります。万一相続をしてしまった後に、多額の負債があることが判明した場合でも、相続人には支払いの義務が生じます。

 

相続放棄 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相続に初めて取り組む方へ

アクセス

  • 福岡
    住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目14番8号福岡天神センタービル3F
  • 東京
    住所:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル5F
  • 佐世保
    住所:長崎県佐世保市木場田町1番1号松永ビル2F
  • 熊本
    住所:熊本市中央区花畑町4-1太陽生命熊本第2ビル6階
  • 相続勉強会セミナーを開催しませんか?
  • プラス事務所
  • プラスらいふサポート
  • 福岡・博多相続放棄相談ナビ
  • 博多オフィス
  • 民事・家族信託専門サイト
  • 採用サイト
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す