不動産や預金の名義変更 熊本

相続手続きにおける各名義変更について確認をしましょう。名義変更手続きが必要なものの代表として不動産と預金の名義変更があります。それぞれ手続き先、内容は違いますので下記で説明よりご確認下さい。

 

不動産の名義変更について(相続登記)

亡くなられた方の所有したいた不動産は、その名義を相続人へと変更しなければなりません。この手続きの事を相続登記といいます。遺産分割協議が完了し遺産分割協議書が完成している、もしくは、亡くなった方が遺言書に不動産についての内容を明記していた場合に不動産の名義変更(相続登記)をする事が出来ます。相続登記に期限はありませんが、所有者が亡くなってすぐにしなければならない手続きではありませんが、かといって手続きを先送りにしている間に相続人が亡くなってしまったり、トラブルが発生したり、という事も考えられますので、相続登記の手続きはなるべく速やかに行い、名義変更を完了させるようにしましょう。

 

不動産の名義変更(相続登記)の流れ

  • 1)被相続人、相続人の必要戸籍を揃える
  • 2)相続財産の調査をし全体を把握する
  • 3)相続人全員での遺産分割協議、遺産分割協議書の作成
  • 4)相続登記の申請をする(法務局)
  • 5)相続登記完了(その後、新しい所有者へと権利証が発行される)

一般的な流れは上記のとおりですが、遺言書がある場合、相続人一人が単独で相続する場合や、複数人で相続をする場合など、状況によって必要な書類と手続き内容が変わりますので、不動産の名義変更は専門の司法書士などに依頼するのがよいでしょう。

 

預金等の金融資産の名義変更について

銀行などの金融機関に預けられている亡くなられた方の預金や株式も、相続における名義変更手続きをします。亡くなられた方の名義のままでは引出し等の取引は出来なくなりますので、速やかに手続きをしましょう。

 

預金の名義変更時に必要な書類

  • 1)金融機関所定の相続届等の書類
  • 2)印鑑登録証明書(相続人全員分)
  • 3)被相続人の戸籍謄本(出生~死亡まで一連)
  • 4)相続人全員の現在の戸籍謄本
  • 5)被相続人の預金通帳、キャッシュカードと届出印
  • 6)遺産分割協議書(相続人全員の署名、実印で押印があるもの)

一般的な必要書類としてご説明していますが、金融機関毎に提出する書類が若干異なりますので、必要書類については直接取引のあった金融機関へと事前に問合せをしておきましょう。

 

相続における名義変更手続きは、まずは必要な戸籍を集めて相続人を確定し、その後に遺産分割協議を行い遺産分割協議書を作成する、という流れから始まります。プラス相続手続きセンター熊本は、手間と時間のかかるこの戸籍の収集から法務局や金融機関への相続手続きまでの一式をお手伝いいたします。熊本での名義変更のお手続きについてお困り事は、プラス相続手続きセンター熊本までご相談下さい。

 

 

熊本の不動産、預金の名義変更ならプラス相続手続きセンター熊本へ 無料相談(アクセス)

〒860-0806 熊本市中央区花畑町4番1号 太陽生命熊本第2ビル 6F

※「市役所前」バス停から徒歩3分
※ 市電「花畑町」から徒歩1分

 

プラス相続手続センター熊本 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す