遺留分減殺請求とは

被相続人は、遺言書の内容に沿った形で、相続財産の処分や相続させる人物の指定、相続財産の分け方の指定が出来ます。しかし、亡くなった方と生活をともにしていた方など、相続人によっては、その相続財産が無いと生活が困難になってしまう場合もあります。

こうした場合、相続人の権利を保護するため、遺留分という制度があります。

この制度によって、相続人は最低限の財産の相続を確保することが可能です

遺留分の割合は、下記のようになります。

①.配偶者・直系卑属、どちらか一方が居る場合は、相続財産の2分の1
②.直系尊属だけの場合は、相続財産の3分の1
③.兄弟姉妹だけの場合、遺留分はなし

遺留分減殺請求とは

遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している受遺者や受贈者、あるいは他の相続人に対してその侵害額を請求することができます

これを遺留分減殺請求といい、 遺留分が侵害されている相続人は、自分自身が減殺請求してはじめて遺留分を取り戻せます。つまり、遺留分を請求しなければ、遺贈などを受けた者がそのまま財産を取得することになりますので、明確な意思表示が必要になります。

減殺請求の方法

遺留分減殺請求の方法には、特に決まった形式はありません。

また、受贈者又は受遺者に対する意思表示だけでも効力が生じます。必ずしも裁判上の請求である必要はなく、明確な意思表示だけでも請求は可能です。

しかし、後の手続の際の証拠とするため、通常、裁判外で請求する場合は、内容証明郵便を用いるのが一般的となります。遺言執行者がいる場合は、遺言執行者にも減殺請求権を行使する旨を知らせることが必要です。

相続案件のコーディネートで実績ある、プラス相続手続センターの強み

  • 取り扱い件数が、非常に多いので問題解決のノウハウがあります。
  • 複数の法律事務所(弁護士)と連携しているため、調停や弁護士に依頼する前提ではなく、まずは財産調査の結果をもとに相続人同士で話し合いが出来るかどうか等の相続トラブルにさせない問題解決の方法を持っている。
    →相続人同士で話し合ってみても、難しい場合は弁護士の無料相談をセッティングも可能。
  • 弁護士・司法書士・行政書士・税理士による役割分担があるので、弁護士でなくても司法書士や行政書士でも出来る事は、司法書士・行政書士で担当するため、掛かるコストを安く抑えることができる
  • しかしながら、弁護士でなくては出来ない事(交渉や裁判業務など)、税理士でなくては出来ない事(相続税申告や税金計算によるシミュレーションなど)は、実績ある専門家と連携しているため、お客様は良いとこ取りが出来る。 

まずは、お気軽にご相談ください。きっとお役に立てると思います。

きちんと手続きを前向きに進めたいと考える方は、是非とも無料相談をご活用ください。ご相談いただいた後に、持ち帰って家族や他の相続人とシッカリと相談する形で構いません。お気軽にお問い合わせください。

遺留分 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相続に初めて取り組む方へ

アクセス

  • 福岡
    住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目14番8号福岡天神センタービル3F
  • 東京
    住所:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル5F
  • 佐世保
    住所:長崎県佐世保市木場田町1番1号松永ビル2F
  • 熊本
    住所:熊本市中央区花畑町4-1太陽生命熊本第2ビル6階
  • 相続勉強会セミナーを開催しませんか?
  • プラス事務所
  • プラスらいふサポート
  • 福岡・博多相続放棄相談ナビ
  • 博多オフィス
  • 民事・家族信託専門サイト
  • 採用サイト
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す