相続財産が不動産のみの場合

ここでは、相続財産が不動産しかない場合の遺言書によるトラブル防止対策をご紹介します。下記の事例をもとに見てみましょう。

famign-01.png

<家族構成>
お父様:5年前に他界
お母様:80歳
お兄様:48歳。バツいち。再婚して、子供1人。
花子さん:45歳。未婚


5年前にお父様が亡くなった際の相続で、お父様名義の不動産(土地・建物)と預貯金200万円ほどをすべてお母様が相続しました。

この不動産はお父様が亡くなる前年度にリフォームしていました。建物の評価が600万円。土地の評価が1500万円で、合わせて2100円の固定資産評価額でした。

花子さんはお母さんの介護をしながら同居していますが、もしも今後、起こり得るお母様の相続でお兄さんともめてしまうと、お母様の財産は下記のとおり完全に不動産に偏っているので、遺産分割が非常に心配です。

お母様の財産:不動産 2100万円 ※固定資産評価額 預貯金300万円ほど

この状況で、法定相続にしようとお兄さんに言われてしまうと、相続財産の総額が2400万円ですから、もし、花子さんがお母様と暮らしてきた自宅に住み続けようとすると、半分の1200万円をお兄様が相続するにあたり、預貯金の300万円だけではなく、自らの財産から900万円もの現金を渡さなくてはいけなくなってしまいます。

こうなると、花子さんは自宅を売却してお金を作るしかなく、生活する場所を奪われ、非常に苦しい立場になってしまいます。 

また、お兄様との関係は悪くは無いものの、再婚したお兄様の奥様との面識も無く、お兄様も生活が豊かではない様子。 こうした状況を鑑みて、10%でも、5%でもリスクがあるのは良くないとお母様は考え、不動産は花子さんに、残った金融資産はお兄さんに、という遺言書を作成することにしました。

 

遺言 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す