一般仲介と買取の違い

不動産の売却方法には「一般仲介」と「買取」の2つがあります。この2つの違いをはっきりとご存知の方は少ないかもしれません。これらは、どちらにもメリット・デメリットがありますので、しっかりと違いを把握して、ご自分の状況にあった方法での売却をおすすめします。

 

仲介

不動産を売りたい人(売主)と不動産を買いたい人(買主)の仲立ちを不動産屋がしてくれるのが「仲介」による不動産売却の方法です。

メリット

売却する際の売り出し価格の提案や物件の宣伝広告、契約に伴う調査や書類の作成などを不動産屋が対応してくれます。また基本的に市場価格で不動産を売却できるため、売却価格が高めです。

デメリット

仲介手数料がかかります。また、売却までに時間がかかります。

 

買取

不動産屋に直接、不動産を買い取ってもらうことが「買取」による不動産売却の方法です。不動産屋が売主から不動産を直接買い取った場合、買い取った不動産をリフォームし、再販売することで利益を得ることが一般的です。

メリット

売却まで時間がかからないので、換金を短い期間できることや仲介手数料がかからないこと、そして周りの人に知られずに売却できることです。

デメリット

仲介で売却するよりも安い金額になってしまいます。

 

不動産の売却 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す