不動産の売却

相続した不動産を売却する場合には、まずは不動産の評価を出す必要があります。

相続した不動産を売却するには、原則として遺産分割が完了していて、不動産の名義も相続人に変更(相続登記)されている必要があります。

不動産を売却する場合には、不動産業者に依頼することになりますが、不動産業者が出した見積り額を売却した後に受取れる金額だと思われている方が大半ではないでしょうか。実際は手元に残る金額がいくらなのかを確認した上で、不動産業者と話しを進めましょう。また、相続した不動産の売却には、譲渡所得税の申告が必要な場合もあるので、そちらも要確認です。また、売却手続きをしたからといってすぐに現金が入ってくるわけではありません。買い手が見つからない場合には、時間がかかります。売却されたとしても、手元に現金が入ってくるのは、1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。  

 

不動産の売却 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩5分

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す