会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

遺産相続の流れ

熊本の方より相続手続きについてのご相談

2020年12月14日

Q:相続手続きについて司法書士の先生にお伺い致します。遺産分割協議書はどのような場合に必要となるのでしょうか?(熊本)

先日父が亡くなりました。突然の出来事だったこともあり遺言書は遺されていませんでした。ありません。母も数年前に他界しているので、遺産についてどのように分けるかは、相続人である兄と私と妹の3人で話し合いをすることになりました。熊本県内に3人とも住んでいることもあり、話し合いは問題なく進めることができました。財産についても複雑なものはなく、ひとりひとりが納得した状態で話がまとまりました。そのため今後、兄弟内での揉めごとがおこる心配はないと思うのですが、遺産分割協議書は必ず作成しなければいけないのでしょうか?(熊本

 

A:今回の相続に対するご相談いただいたお客様の場合、遺産分割協議書を作成することをお勧め致します。

まず初めに、遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割について話し合った内容や、全員が合意した結果についてまとめ、書面に記したもののことを言います。

相続手続きをするにあたり、遺産分割協議書が必要ではない場合と必要になる場合がありますので、それぞれについて解説させて頂きます。

『遺産分割協議書が必要ないケース』

  • 相続人が一人の場合
  • 遺言書が存在する場合

基本的に遺言書が存在する場合には、遺産分割協議書を作成しません。遺言書の内容にしたがって相続の手続きをするため、遺産分割協議を行わないからです。ただし、遺言書が存在していても、分割方法が書かれていない財産がある場合、その財産についてのみ遺産分割協議をします。

『遺産分割協議書が必要になるケース』

  • 不動産の相続登記
  • 相続税の申告
  • 金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要)
  • 相続人間のトラブルが予想される場合

被相続人が遺言書を遺していない時には、遺産分割の内容をとりまとめた遺産分割協議書を作成しましょう。特に、上記の手続きが必要な場合または、不安要素が当てはまる場合には、遺産分割協議書が必須となります。

今回ご相談いただいたお客様の場合ですと、ひとりひとりが納得された状態で話がまとまっていますが、遺言書が存在しないため遺産分割協議書を作成されることを推奨いたします。今はみなさんが納得されていても、今後何かあった場合の証拠にもなりますし、遺産分割協議書があることで相続手続きをスムーズに進めることができるでしょう。

相続の手続きは、何かと時間がかかってしまったり、話し合いに対して不信感を抱えてしまったりする方もいらっしゃいます。遺産分割協議書の作成もご自身でなされることもできますが、お忙しくてなかなかお時間がない方や少しでも不安のある方など、専門家に相談することで、正確で尚且つ安心にお手続きを進めていただくことが可能になります。

プラス相続手続きセンターでは各スタッフが、熊本にご実家がある方や現在熊本にお住まいになっている皆様のお力になりたいと考えております。相続に関してお悩みのことがございましたら、ぜひ一度プラス相続手続きセンターまでお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

福岡の方より相続についてのご相談

2020年10月26日

Q:司法書士の先生にご相談です。母が認知症なのですが、相続手続きはどう進めれば良いですか。(福岡)

先日、福岡在住の実家の父が亡くなりました。父の相続財産を調べたのですが、福岡にある自宅マンションと預貯金を足して2000万円弱になることが判明しました。相続人に該当するのは福岡の実家の母と、東京に住む私と妹の3人です。妹とも相続の相談も終わったところで、あとは手続きだけという状態なのですが、母は数年前から認知症です。最近その症状が重くなってきて、署名や押印は難しいため、相続手続きが一向に進みません。どのように相続手続きを進めれば良いのか教えてください。(福岡)

 

A:相続手続きのために成年後見人を家庭裁判所から選任してもらいましょう。

ご相談いただき誠にありがとうございます。福岡の相続のお悩みはプラス相続手続相談センターにおまかせください。

相続手続きに必要な署名や押印を、正当な代理権もなく認知症の方の代わりに行うのは、ご家族の方であってもできません。ご相談者様の場合ですと、相続手続きを進めるには「成年後見制度」を利用するという方法があります。成年後見制度とは、認知症・知的障がい・精神障がいといった意思能力が不十分な症状をお持ちの方を保護するためのしくみです。認知症などにより判断能力が不十分とされると、法律行為である遺産分割を行うことができなくなってしまいます。そこで、成年後見人が代理人として、遺産分割協議に代わりに参加し、遺産分割を成立させるのです。成年後見人は、民法で定められた一定の者が家庭裁判所に申し立てをすることで、家庭裁判所がふさわしい人物を選任してくれます。ご相談者様のお母様は福岡市にお住まいですので、福岡家庭裁判所に申し立てすることになります。ただし、

  • 未成年者
  • 家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人
  • 破産者
  • 本人に対して訴訟をした又はしている人、その配偶者、その直系血族
  • 行方の知れない者

は成年後見人になることができません。成年後見人には、親族が選任されることもありますし、第三者である専門家が成年後見人になったり、複数の成年後見人が選任されたりすることもあります。成年後見人が選任されると、遺産分割協議が終わったあとも法定後見制度の利用がそのまま継続することになります。したがって今回の相続のためだけに限らず、その後のお母様の生活にとっても必要であるかどうかをよくお考えになって、法定後見制度をご活用ください。

プラス相続手続相談センターでは、はじめてのご相談は無料でお受けしております。今回のご相談者様のように、認知症や障がいなどで意思判断能力の乏しい方が相続人の中に含まれる場合には、一度専門家へ相談されることをおすすめします。

福岡で相続についてのお困り事がありましたら、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。どのような小さなお悩みでも構いません。ご相談者様のご事情を考慮して相続のプロがアドバイス、サポートいたします。

佐世保の方より相続のご相談

2020年09月07日

Q:相続について全く知識がないのですが、亡き夫の財産の相続について司法書士の先生にお伺いしたいです。(佐世保)

私は佐世保に住む50代の主婦です。先月、長年連れ添った同い年の夫が亡くなりました。急なことだったため、悲しむ時間もないまま慌ただしく佐世保市内の葬儀場でなんとか葬儀を行いました。やらなければいけないことがたくさんあるのは理解していますが、知識も経験もないので何から手を付ければいいのかわからず困っています。夫には同じ佐世保市内に夫のお父様から受け継いだマンションがあります。私には相続手続きの経験がなく、司法書士の先生にご相談したいです。(佐世保)

 

A:相続手続きは期限があるものもあり、複雑です。ぜひ専門家にお任せくださいませ。

はじめに、旦那様の遺言書が残されていないかをご確認ください。今回のご相談者様のケースですと、若くして、急に亡くなられたとのことなので遺言書が残っている可能性は低いかもしれませんが、遺言書の内容は民法で定められた法定相続よりも優先されます。必ず遺品整理の際にお探しください。遺言書が見つからなかった場合は、戸籍の調査をし、旦那様の出生から死亡までの戸籍謄本を取得し、相続人を決定します。その際は手続きで使用しますので、相続人となるご相談者様の戸籍謄本も併せてお取り寄せください。

次に、被相続人である旦那様の相続財産について調査を行います。ご自宅が持ち家の場合、ご自宅と所有している不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを確認し、集めた書類をもとに、相続財産目録を作成します。この相続財産目録を作ることで、相続財産全体の内容が一覧で確認できるようになります。

上記の準備ができたら、“遺産分割協議”を行い、相続人全員で遺産を誰にどのように分けるのかを話し合います。遺産の分配が決まれば、決定内容を“遺産分割協議書”に記載し、相続人全員で内容の確認、署名、押印を行います。その後はこの遺産分割協議書に従い手続きを進めてきます。相続した不動産の名義変更をする際に必要になります。また、被相続人の預貯金を引き出す際に使用することもありますので大切に保管してください。

プラス相続相談センターでは、皆様の相続のお手伝いさせていただいております。金融機関への財産調査や、相続人同士でうまくまとまらない相続のお手続きなどもサポートしています。プラス相続相談センターにご相談いただければ、その後の遺産分割協議まで続けてお手伝いすることができます。初回のご相談は無料で、経験豊富な専門家がお話をお伺いいたします。佐世保の皆さま、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

1 / 612345...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩1分

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相続に初めて取り組む方へ

アクセス

  • 福岡
    住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目14番8号福岡天神センタービル3F
  • 東京
    住所:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル5F
  • 佐世保
    住所:長崎県佐世保市高砂町4番18号 アボード高砂3階
  • 熊本
    住所:熊本市中央区花畑町4-1太陽生命熊本第2ビル6階
  • 相続勉強会セミナーを開催しませんか?
  • プラス事務所
  • プラスらいふサポート
  • 民事・家族信託専門サイト
  • 採用サイト
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す