会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

福岡市

福岡の方より遺産相続についてのご相談

2021年01月08日

Q:先日父が亡くなりました。遺産相続についての知識がなく、法定遺産相続分の割合について司法書士の先生にご相談致します。(福岡)

初めて相談させて頂きます。私は福岡市内に住む50代の会社員です。先日、福岡市郊外で母と暮らしていた父が亡くなりました。福岡市内の斎場で葬儀を行い、先週実家の片付けをし、遺品整理を行いましたが遺言書のようなものは見つかりませんでした。相続人は、母と私と兄ですが、兄は数年前に亡くなっており、兄には子どもが一人います。現在は遺産相続について母と話し合っているのですが、兄が亡くなっている関係で、兄の子を相続人に含めるのかなど、法定相続分の割合が分からず遺産分割を進められないでいます。このような場合、法定相続分の割合はどのようになるのでしょうか。(福岡)

 

A:遺産相続の順位を確認することで法定相続分の割合を確認することができます。

民法では「法定相続人」として遺産相続する人物について定めています。配偶者は必ず相続人となり、遺産相続順位により各相続人の法定相続分は異なります。

【法定相続人とその順位】

  • 第一順位:直系卑属(子供や孫)
  • 第二順位:直系尊属(父母)
  • 第三順位:傍系血族(兄弟姉妹)

上位の方が既に亡くなられている場合やいない場合において、次の順位の人が法定相続人となります。

【法定相続分の割合】※下記民法より抜粋

民法第900条(法定相続分)

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一、子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二、配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は三分の一とする。

三、配偶者及び兄弟姉妹が数人あるときは、配偶者の相続分は四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四、子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

上記にあてはめるとご相談者様の場合の法定相続分の割合は

  • 配偶者:1/2
  • 子供:1/4
  • お兄様のお子様:1/4となります。

お兄様のお子様が2人以上いる場合、1/4の財産をお子様の人数で割ります。

また、必ずしも法定相続分で遺産相続をしなければならない訳ではなく、遺産分割協議において相続人同士で分割内容を決めることもできます。

 

プラス相続手続き相談センターでは、福岡の地域事情に詳しい専門家が、福岡にお住まいの皆様の遺産相続のお手伝いをさせて頂きます。遺産相続全般のお困り事、遺産分割や遺産相続手続き、遺言書、相続税など各分野の専門家が連携してサポートいたします。プラス相続手続き相談センターの専門家が福岡にお住まいの皆さまからのご相談事に対し、福岡の皆様の親身になって対応させていただいております。まずはお気軽に当相談室の無料相談をご利用ください。スタッフ一同、福岡の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

福岡の方より相続についてのご相談

2020年10月26日

Q:司法書士の先生にご相談です。母が認知症なのですが、相続手続きはどう進めれば良いですか。(福岡)

先日、福岡在住の実家の父が亡くなりました。父の相続財産を調べたのですが、福岡にある自宅マンションと預貯金を足して2000万円弱になることが判明しました。相続人に該当するのは福岡の実家の母と、東京に住む私と妹の3人です。妹とも相続の相談も終わったところで、あとは手続きだけという状態なのですが、母は数年前から認知症です。最近その症状が重くなってきて、署名や押印は難しいため、相続手続きが一向に進みません。どのように相続手続きを進めれば良いのか教えてください。(福岡)

 

A:相続手続きのために成年後見人を家庭裁判所から選任してもらいましょう。

ご相談いただき誠にありがとうございます。福岡の相続のお悩みはプラス相続手続相談センターにおまかせください。

相続手続きに必要な署名や押印を、正当な代理権もなく認知症の方の代わりに行うのは、ご家族の方であってもできません。ご相談者様の場合ですと、相続手続きを進めるには「成年後見制度」を利用するという方法があります。成年後見制度とは、認知症・知的障がい・精神障がいといった意思能力が不十分な症状をお持ちの方を保護するためのしくみです。認知症などにより判断能力が不十分とされると、法律行為である遺産分割を行うことができなくなってしまいます。そこで、成年後見人が代理人として、遺産分割協議に代わりに参加し、遺産分割を成立させるのです。成年後見人は、民法で定められた一定の者が家庭裁判所に申し立てをすることで、家庭裁判所がふさわしい人物を選任してくれます。ご相談者様のお母様は福岡市にお住まいですので、福岡家庭裁判所に申し立てすることになります。ただし、

  • 未成年者
  • 家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人
  • 破産者
  • 本人に対して訴訟をした又はしている人、その配偶者、その直系血族
  • 行方の知れない者

は成年後見人になることができません。成年後見人には、親族が選任されることもありますし、第三者である専門家が成年後見人になったり、複数の成年後見人が選任されたりすることもあります。成年後見人が選任されると、遺産分割協議が終わったあとも法定後見制度の利用がそのまま継続することになります。したがって今回の相続のためだけに限らず、その後のお母様の生活にとっても必要であるかどうかをよくお考えになって、法定後見制度をご活用ください。

プラス相続手続相談センターでは、はじめてのご相談は無料でお受けしております。今回のご相談者様のように、認知症や障がいなどで意思判断能力の乏しい方が相続人の中に含まれる場合には、一度専門家へ相談されることをおすすめします。

福岡で相続についてのお困り事がありましたら、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。どのような小さなお悩みでも構いません。ご相談者様のご事情を考慮して相続のプロがアドバイス、サポートいたします。

福岡の方より相続についてのご相談

2020年07月09日

Q:父が亡くなり、相続財産調査をしたいのですが、銀行通帳が見つかりません。何かよい方法がないか司法書士の先生に伺いたいです。(福岡)

福岡の実家に住む父が先月亡くなり、葬式は父の慣れ親しんだ場所が良いだろうと、実家近くの福岡市内の葬儀場で行いました。相続人は私と妹の2人で、今は相続財産を調べ始めているところです。私も妹もそれぞれ結婚して福岡の郊外に住んでおり、両親とは頻繁に交流があったわけではなく、生前、遺産についての話はありませんでした。手探りで財産調査を始めてはみたものの、父の退職金が入っているはずの口座の通帳とカードが見つからず出だしから躓いています。通帳もカードもないのでどこの銀行かもわからず、問い合わせることもできません。私たち子供が父の個人情報について調べることは可能でしょうか?(福岡)

 

A:相続人の戸籍謄本を用意してから、銀行に残高証明書の請求をします。

お父様は特に遺産の扱いについて話はなかったとのことですが、口頭では言いにくいものです。ご家族に遺産について伝えるために、遺言書やエンディングノートを遺されている場合もありますので、探してみましょう。ご自身であっても通帳などの全情報を把握することは大変ですので、どこかにメモし、まとめている可能性もあります。遺言書等と一緒になっていることもあります。遺言やエンディングノートや本人が残したメモのようなものがない場合は、次のような方法で探してみましょう。

相続人は、銀行に対して故人の口座の有無、また口座の残高証明や取引履歴などの情報開示を求めることができます。遺品の整理をしても通帳やキャッシュカードが見つからない場合は、どこの銀行であるかの手掛かりを探します。銀行からの郵便物や粗品、カレンダーやタオルなどを探してみましょう。関係するものが全く見つからない場合は、自宅や会社近くの銀行に直接問い合わせますが、請求時には、相続人であることを証明するための戸籍謄本の提出を求められるので事前に準備しておきます。

相続人の調査、財産の調査等、相続には面倒や負担が多いものです。ご自身での調査が難しい、またはご不安がある場合は、相続の専門家が在籍するプラス相続手続きセンターに依頼し、専門家に託しましょう。戸籍の収集から財産調査、相続手続き全般について相続の専門家が豊富な経験をもとにしっかりとサポートさせていただきます。

 

プラス相続手続きセンターでは、福岡の地域事情にも詳しい専門家が、福岡にお住まいの皆様の相続のお手伝いをさせて頂きます。相続全般のお困り事のみならず、遺言書や各種相続手続き、相続税など各分野の専門家が連携してサポートいたします。福岡にお住まいの方はお気軽にご相談下さい。プラス相続手続きセンターでは福岡にお住まいの皆さまからのご相談事に対して、初回無料で、福岡にお住まいの皆様のお役に立てるよう親身になって対応させていただいております。スタッフ一同、福岡の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

1 / 512345

初回のご相談は、こちらからご予約ください

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

福岡・東京・熊本・佐世保を中心に相続(相続手続き)や遺言に関する総合的なサポートならプラス相続手続センターへご相談ください。様々なご相談にワンストップで対応できるよう、相続遺言に特化した弁護士や税理士などと連携し、皆様が安心して相続手続きを進められるようにお手伝いさせていただきます。福岡・東京・熊本・佐世保で無料相談を実施しております。

プラス相続手続センターの無料相談をお気軽にご活用ください!
福岡…地下鉄 天神駅1番出口より徒歩1分
東京…JR 東京駅より徒歩3分(八重洲地下街 直結)
熊本…市電「花畑町」から徒歩1分
佐世保…JR 佐世保駅より車7分 / 佐世保市役所(バス停)から徒歩1分

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 相続に初めて取り組む方へ

アクセス

  • 福岡
    住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目14番8号福岡天神センタービル3F
  • 東京
    住所:東京都中央区京橋1丁目1番1号 八重洲ダイビル5F
  • 佐世保
    住所:長崎県佐世保市高砂町4番18号 アボード高砂3階
  • 熊本
    住所:熊本市中央区花畑町4-1太陽生命熊本第2ビル6階
  • 相続勉強会セミナーを開催しませんか?
  • プラス事務所
  • プラスらいふサポート
  • 民事・家族信託専門サイト
  • 採用サイト
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す